海外と国内FX どっちが便利?


tsre少ないお金でも大きな利益を得ることができ るのがFXですが一般的には国内のFX会社が有名です。

しかし、海外でも取引はしていますので海外のFX会社も存在します。そして国内とは違い様々な特徴があります。海外FXの特徴について見て行きます。

1:高レバレッジ

海外のFX会社の最大の特徴はレバレッジの高さです。国内の場合は法律で25倍までと決められています。しかしこれは国内のFX会社にしか適用されません。

つまり海外のFX会社では25倍以上のレバレッジで運用することができます。では、どれくらいレバレッジをかけられるのでしょうか。会社によって変わりますが100倍~1000倍までかけられます。10万円の証拠金を基に1000万円~1億円分の取引が出来てしまう計算になります。日本では250万円までです。

FXは大きな金額を運用するほど利益が高くなります。ですから、少ない証拠金でもレバレッジが高ければ高いほど運用できる金額も高くなり、そして利益も大きくなります。しかし、問題もあります。それはFXの性質上利益が出る場合と損失が出る場合があり、そして金額が大きいほど損失も大きくなります。250万円を運用して10%の損失が出た場合25万円ですが、1億円の場合は1000万円です。10万円の証拠金で1000万円の損失を抱える可能性もありますので損切り等はしっかりやって下さい。

2:日本語対応

海外の会社とはいえ日本国内でサービスを提供していますから日本語の対応はきちんとしています。特に有名な会社であれば、電話応対も日本語ですし、取引方法などの説明等も日本語です。言葉による不安を持っている人もいますがそのあたりは問題ないです。

取引システムも国内のFX会社とそれほど変わりません。そもそも、海外でもFXサービスを提供している会社であり、歴史自体も日本国内の会社よりも長い会社もありますからサービス自体もきちんとしています。あくまで海外に本社を置いている会社を海外FX会社と呼んでいるだけですので日本国内のFX会社も競争相手です。

3:入金サービス特典

会社によってサービスが異なるのは国内の会社と同じですが、海外FX会社は証拠金入金時にボーナスとしてその金額に数パーセント上乗せされて入金されることがあります。会社によって変わりますが2%くらいから上乗せされます。国内の金利が0.1%なのを考えれば破格のボーナスです。

ちなみに海外FX会社の場合は日本国内の金融免許を持っている場合と本社を置く国の金融免許を持っている場合に分かれます。どちらの場合でも問題はありませんが、金融免許を持っていないFX会社も存在しますから注意が必要です。

海外FX会社はイメージとしてFX 初心者よりも、「プロ向け」かもしれません。高レバレッジは実力のある人ならばどんどん攻められる魅力の一つですから、リスクを理解した上で運用してください。もちろん1倍からのレバレッジも可能ですから初心者の人はそちらからどんどんレベルを上げていってみてください。海外FX業者で個人的にお勧めしたいのが、XEMarketsです。この業者は、初心者からベテランまで全てのレベルのトレーダーに人気のある業者です。XEMarketsは、レバレッジの高さと豊富なボーナスの種類、また、充実したサポート体制で人気を得ました。一度試してみてはいかがでしょうか。


主婦という職業属性には、2つの種類があります。専業もしくは兼業の主婦です。

一般的に主婦の方々は、とても忙しいです。特にお子様が小さい時は、なかなか目を離すことができません。

しかしある程度大きくなってきますと、今度は多少の余裕が生じる場合があります。それで空き時間も生じるので、収入を得ることを考える主婦の方々も多いです。ある時までは専業主婦だったものの、途中から兼業主婦としてデビューする方々も少なくありません。

それで兼業主婦として働く場合は、主に2つの選択肢があります。まず外に出て働く手段があるのです。

そもそも各会社では、様々な形で求人広告を出しているでしょう。最近ではWEB媒体をフル活用して、求人広告を出す会社も珍しくありません。

そういった会社に応募をして、兼業主婦として働くやり方もある訳です。ただ時間との関係は、とても大切になるでしょう。

そもそも主婦である以上、やはり家事を疎かにする訳にもいきません。まだ子供が育ち盛りな時などは、時間を割く事が難しいケースもあります。やはり兼業主婦として働く方々は、フルタイムは少々困難な事例が目立ちます。

しかしそれも会社次第です。会社によっては、育児をしながら働く女性を応援してくれている事もあるからです。

例えば託児所が完備された会社などは、最近では増加傾向にあります。パート求人を探す時に、託児所というフレーズに着目する主婦の方々も、決して少なくありません。

それと、やはり上記でも触れた勤務時間です。パート勤めなどは正社員と比べると日数や労働時間も少ないですが、ある程度の制約は生じる事にはなるでしょう。

こういった一般的なパート勤めでの兼業主婦の他に、最近ではWEB媒体をフル活用する働き方に関心を持っている主婦も増加傾向にあります。例えば、ライターというやり方もあるのです。

そもそも最近では、メールで文章を募っている会社も少なくありません。メールですから、当然会社に対しては文字データをWEBで送る事ができます。つまり在宅ワークが可能になる訳です。

また昨今では、クラウドソーシングというシステムも登場しています。上記のようなWEB媒体で仕事を発注したい方々が、登録しているサイトもある訳です。それに無料登録して働いた時には、収入を得られるという仕組みになります。ちなみにそれも在宅型です。

このように外に出ずに、自宅内で働けるやり方は、最近多くの主婦が注目しています。小さな子供がいて、なかなか自宅から離れることが難しい主婦にとっては、クラウドソーシングなどはおすすめです。